アート引越センター 見積もり

アート引越センター 見積もり

アート引越センターの見積もりはここから。

 

  ↓

 

引越がなんと特別価格に!!アート引越センター!

 

 

今ならキャンペーンを行ってます(延長されました・・・4月30日まで)

 

引越し料金を少しでも安くする方法

引越し料金を少しでも安くする方法を調べてみました。と言ってもあたり前すぎるかも知れませんが・・・。逆に言うと、あたり前のことが出来れば、安くなるということで。よろしくお願いします(^_^;)。

 

さて、まず、同じ距離の引っ越しであれば、荷物が少ないほうが安く済みます。

 

ということで、第一の方法は、「荷物を減らす」。

 

新居に余計なものを入れないためにも、この荷物を極力減らすというのは大事なことです。で、引っ越しの際に出てくるのが不要品。しっかり分別して、売れるものは売る、ということを心がけましょう。

 

二番目に、考えるのは引っ越しの時期。毎年引っ越しの繁忙期は、3月〜4月です。

 

転勤の時期や新卒、新社会人など、日本列島大移動ですから、運送業界は忙しくなります。繁忙期の中でも、土日祝日はさらに高くなります。また、引っ越しを大安にしたいという根強い、日取りを気にするファンも多いので、意外に大安吉日も高めになります。(特に自社のトラックの手持ちの少ない会社は大変。協力業者に依頼することになります。)

 

ですから、できるだけ、上記の日取りを避け、隙間を見てさっさと引っ越ししてしまいましょう。なお、午前よりは午後の引っ越しの方が料金が、安めになります。

 

最後ですが、これはあたり前になってきていますが、引越し業者を選ぶ際に、必ず「相見積もり」を取る。

 

引越しの料金やサービスを比較することを、きっちりします。引越しの繁忙期ですから、どこの業者も、一件でも注文を取りたいものです。落ち着いて交渉すれば、きっとお互いにハッピーになりますよ。なお、いちいち引越し業者に電話しなくても、ネットからなら、一括で引越し料金を比較して出してくれます。これ、面倒でないのでいいですよ。

 

簡単な引越し料金はここで分かります。(アートも一緒に比較の見積りできます。)

 

↓    ↓

 

 

引越パックを使う

 

引越パックを使うと料金が安くなる?・・・必ずしも真ではありません。引越パックの代表は、単身パックですよね。単身のパックなどは、色んな引越業者で始めているサービスです。

 

で、このような単身パックには、条件が付いています。どんな条件でしょうか?

 

単身パックでは、運搬量の上限が決まっています。料金の範囲内で。2トンとか5トントラックとか。自分の荷物、総重量がどのくらいかわからない人は、特に、引越の料金も関わってくるので、複数社の見積りは絶対にしておきましょう。

 

例えば、単身パックで申し込んでも、少し積めなかったから、通常料金になった、なんてことも実際に起きているそうですし。さらに、実際の引越しの料金って結構ばらつきがあるんです。業者の規模、忙しさ、トラックの手配など多くの変動要素で変わってきます。

 

まずは、荷物量を把握する、パックのサービスを含めて、総合的に料金を比べてみる、ということが大事です。

 

引っ越し業者の勧誘の断り方

引っ越し業者の勧誘の断り方ですが、コツはたった一つ。「きっぱりと断ること。」昔に比べて営業もあっさりしていますが、それでも、まだ熱意を通り越して、しつこい引っ越し業者がいるのは否定できません。でも、はっきり断っていない方もよくないんですよ。相手は、営業だから、契約をいただくのがお仕事。だから、決めかねている時には、「他にも見積り出しているので、比べてから・・」などとやんわり断ります。で、時期を指定して、いつ頃分かりそうです、とか言っておくと、闇雲に電話はかかってきません。引っ越しの場合、他で決まれば、二度と連絡して来ません。これは、間違いありません。全部、見積り終わったら、皆に見せて、ここはこう、あそこはこんな料金などと比較してあげれば、一つを残して全部かえってくれますが、お互いそんなに暇じゃないですね。大事なのは二点、一箇所で契約するような言動をしないこと、複数の見積り・条件を把握・依頼しておくことです。どうせ、引っ越ししちゃうんですから、ぴしっと割りきって交渉しましょう。

57e07f641837.gif